商品を売るには誰よりも詳しく一つ上のサービスの提供を

0

    作務衣のネットショップを始めて9年、

    本当に月日の経つのは早いものですね。

     

    小さな市場の中で

    大きなライバルと戦っています。

     

    大げさに聞こえますが・・・

    作務衣でどこにこんなにお店があるの?

    というくらいライバルが多いのです。

     

    これもネットならではの宿命なのだ!

     

    誰もが知る大きな市場なら

    ライバルはもっともっと多いのでしょうね。

     

    マジでネットで物を売ることが難しくなってきた。

    きっと誰もがそう思っている。

     

    どうすれば物が売れるか?

    これって、商売人みんなの悩みですよね。

     

    「ネットで売れ」とか「ネットで売る」と検索すると

    たくさんの検索候補が表示されるほどみんな悩んでる。

     

    ごく一部の人が売れる法則に乗っ取って、

    ガンガン売っているのでしょうね。

     

    グットタイミング!

    とんでもなく売っている人のお話を聞きました。

    っつうか、youtubeを見ただけだけど・・・

    大きな成果を出している人は惜しみなく情報を流しているので、

    動画を見るだけでもほーほーと頷くほど勉強になります。

     

    ↑うちの作務衣のお店です。

    商品に興味の無い方も見て頂くと嬉しいです。

    ※ちなみに店長は嫁さんです。

     

    話を戻しますが・・・

    その方がLIVE動画を流しいろいろ質問を受けていた時の事です。

     

    「きゅうりは売れますか?」

    「何を売ればいいと思いますか?」

    「あなたなら和菓子をどうやって売りますか?」

     

    きゅうり農家かな?

    やたらきゅうりにこだわる人がいて、

    何度もきゅうりの売り方の質問をしていた。

     

    私も作務衣で質問をしようかと思ったけど、

    シャイな私は何もできずに見てるだけ(^^ゞ

     

    まっ、

    こんな感じで売るにはどうすればという質問でした。

     

    でっ、その答えは

    「どんな商品でも同じです。」でした。

     

     

    作務衣で質問しなくてよかった・・・

    基本はどんな商品でも同じだそうです。

     

    きゅうりと同じなんか〜い!^^;

     

    お待たせしました。

    商品を売る方法を発表します。

     

    当たり前の事でも

    言う人が違うとズドンと突き刺さります。

     

    答えは

    商品の良さを

    誰よりも知ること。

     

    売りたいという意識が先行し

    本質を忘れている人が多いとの事です。

     

    商品を売り続けている人は

    無意識にものすごく勉強していて、

    誰よりも商品について詳しい。

     

    もう一つ!

    一つ上の

    サービスを

    提供する。

     

    消費者が求めるサービスの

    一つ上を提供するように心がけること。

     

    それは誰もが今よりも上を理想としているからだそうです。

     

    たしかに・・・

    下に憧れる人はいないな・・・納得。

     

    そのために商品について

    誰よりも詳しくならなければならないという事なのですね。

     


    コメント
    コメントする








       

    私の通販サイト
    作務衣 通販

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode