今やネットは激戦区だっつうの!

0
    イギリスで作務衣を販売しようかな?

    中学生の時の同級生、
    ボーナスの出ない安月給の会社にこのままいたくない!
    ラーメン屋さんか焼肉屋さんで開業しようと考えていて、仕事が終わってから日替わりでラーメン屋と焼肉屋さんでアルバイトしているんだと夢を語る。

    素晴らしい!
    夢に向けて行動に移す事って簡単ではないですよね。

    ぜひ夢を叶えて欲しいと思います。

    が!駅前の繁華街を歩くと目まぐるしくお店が入れ替わってる事に気付きます。

    つい最近までラーメン屋だったところが焼肉屋さんになっていたり・・・

    ある海外旅行が趣味の経営コンサルタントの方とのお話しの中でこんな事を仰っていました。

    3〜10年もの長い間修行し、
    小さな店でも300〜1500万円の開業資金を用意する。
    またその資金の多くは借金で賄う。

    さらに開店に向けてアルバイトを雇う。

    おまけにわざわざ人通りの多いライバルひしめく繁華街でお店を開店するのです。

    これってどう思う?

    修行期間の時間というリスク、
    開業資金というお金のリスク、
    激戦区ならではの競争リスク、
    とにかく初めから大きなリスクを背負いすぎるのです。

    いくら美味しくても、
    お店の良さが伝わるまでにリスクに潰されてしまう可能性が高いと思いませんか?

    ベトナムやミャンマーに行くとさほど美味しくも無いラーメン屋さんや寿司屋さんが大繁盛していたりする。
    それも日本よりもウンと安い物価のアジア諸国にもかかわらず日本よりも高い価格設定の寿司屋もあったりするそうです。

    理由は簡単!
    ライバル不在(ライバルが少ない)だからです。

    また"日本=良いもの"というブランドイメージという付加価値がプラスされ価格が高くても売れる。

    リスクの大きい日本で開業するなら、
    物価の安いライバルの少ない国で開業する方がリスクも少ないのに、なぜかリスクの大きい方を選択する人が多い。

    面白いのは日本人の振りをした中国人が寿司屋さんやラーメン屋さんを経営しているとか?
    おまけに店名を『JAPAN』にする厚かましさまで・・・

    そう考えると今やネットも激戦区です。
    私の販売する作務衣ですら何百店も存在するわけで・・・
    この際、
    イギリスにでも行って作務衣屋さんを始めようかな?(^^)

    商品を売るには誰よりも詳しく一つ上のサービスの提供を

    0

      作務衣のネットショップを始めて9年、

      本当に月日の経つのは早いものですね。

       

      小さな市場の中で

      大きなライバルと戦っています。

       

      大げさに聞こえますが・・・

      作務衣でどこにこんなにお店があるの?

      というくらいライバルが多いのです。

       

      これもネットならではの宿命なのだ!

       

      誰もが知る大きな市場なら

      ライバルはもっともっと多いのでしょうね。

       

      マジでネットで物を売ることが難しくなってきた。

      きっと誰もがそう思っている。

       

      どうすれば物が売れるか?

      これって、商売人みんなの悩みですよね。

       

      「ネットで売れ」とか「ネットで売る」と検索すると

      たくさんの検索候補が表示されるほどみんな悩んでる。

       

      ごく一部の人が売れる法則に乗っ取って、

      ガンガン売っているのでしょうね。

       

      グットタイミング!

      とんでもなく売っている人のお話を聞きました。

      っつうか、youtubeを見ただけだけど・・・

      大きな成果を出している人は惜しみなく情報を流しているので、

      動画を見るだけでもほーほーと頷くほど勉強になります。

       

      ↑うちの作務衣のお店です。

      商品に興味の無い方も見て頂くと嬉しいです。

      ※ちなみに店長は嫁さんです。

       

      話を戻しますが・・・

      その方がLIVE動画を流しいろいろ質問を受けていた時の事です。

       

      「きゅうりは売れますか?」

      「何を売ればいいと思いますか?」

      「あなたなら和菓子をどうやって売りますか?」

       

      きゅうり農家かな?

      やたらきゅうりにこだわる人がいて、

      何度もきゅうりの売り方の質問をしていた。

       

      私も作務衣で質問をしようかと思ったけど、

      シャイな私は何もできずに見てるだけ(^^ゞ

       

      まっ、

      こんな感じで売るにはどうすればという質問でした。

       

      でっ、その答えは

      「どんな商品でも同じです。」でした。

       

       

      作務衣で質問しなくてよかった・・・

      基本はどんな商品でも同じだそうです。

       

      きゅうりと同じなんか〜い!^^;

       

      お待たせしました。

      商品を売る方法を発表します。

       

      当たり前の事でも

      言う人が違うとズドンと突き刺さります。

       

      答えは

      商品の良さを

      誰よりも知ること。

       

      売りたいという意識が先行し

      本質を忘れている人が多いとの事です。

       

      商品を売り続けている人は

      無意識にものすごく勉強していて、

      誰よりも商品について詳しい。

       

      もう一つ!

      一つ上の

      サービスを

      提供する。

       

      消費者が求めるサービスの

      一つ上を提供するように心がけること。

       

      それは誰もが今よりも上を理想としているからだそうです。

       

      たしかに・・・

      下に憧れる人はいないな・・・納得。

       

      そのために商品について

      誰よりも詳しくならなければならないという事なのですね。

       


      小さなニーズをたくさん

      0
        大きなカテゴリーでネットショップを始めても
        なかなか上手くいかないような?

        例えば今からTシャツの通販を始めてもどうですか?
        すでにある並み居る強豪相手に勝てる気がしますか?

        そんなのやってみなければわからないでしょ!
        と怒る人もいるかもしれませんが、
        まぁ言っといたるわ!まず無理です。

        その中の小さな需要を見つけるのです。
        できればオリジナル化ができれば最高です。

        もう少し具体的に考えるなら・・・
        和服なら作務衣や甚平の専門店といった具合です。

        もう少し大きな需要を考えるなら・・・

        文房具で考えるなら、そこから独立させ消しゴム専門店や修正テープ専門店も面白いかも?

        いや折り紙専門店というのも面白いですね。

        いやいやもっと自由に考えるなら、
        鶴を折りお見舞用に千羽鶴専門店なんていうのも面白いですね。

        とにかく小さくたくさんのニーズに応える事が今流なのかもしれません。

        | 1/108PAGES | >>

        私の通販サイト
        作務衣 通販

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode